荷造り豆知識

キレイ・安全・カンタン!荷造り豆知識あれこれ

荷造りはちょっとしたコツで大違い!
・荷造りの準備
・荷造り用のダンボールについて
・タンス/収納器具
・家電・デジタル家電
の荷造りのコツをまとめました。

豆知識その1・準備編

段ボール箱…引越し業者が引越し用の適度なサイズで丈夫な段ボール箱を持っています。事前に分けてもらいましょう。(有料の場合もあります)
新聞紙…1か月分くらいあると、ガラス類・ビン類を包んだり、段ボール箱の隙間に詰める緩衝材として便利です。新聞販売店などに交渉すると、古新聞紙をわけてもらえる場合があります。
ガムテープ…紙タイプと布タイプ、両方を用意しておきましょう。
梱包用テープ…粘着力が弱く、家電などに直接貼り付けても痛みにくいテープです。
油性マーカー…段ボール箱などに直接メモ書きができる、やや太めのものがいいでしょう。
ドライバー・レンチ…家具や収納器具などの分解に必要です。
滑り止め付き軍手…けがの予防に軍手は必需品です。ただし普通の軍手は段ボール箱を持ったときツルツル滑るので、滑り止めのゴムなどが付いたものを用意しましょう。

豆知識その2・段ボール編

・ガムテープは布テープが一番
段ボールを組み立て、底を留めるにはガムテープを使用するのが一般的ですが、紙テープよりは布テープのほうが剥がしやすく強度も高いことをご存知ですか?原則として段ボールの底は十字にガムテープを貼ります。特に重い荷物を入れる段ボールは横方向に2~3本貼っておくと安心でしょう。

・段ボールは重くしない
作業をスピーディーに進めるために、段ボールは1人でヒョイと持てる程度の重さにしておくことが大切です。本などの重量物はびっしり詰めず、上半分に隙間をつくっておいて、軽い服などを詰めておくと運びやすくなります。

・カテゴリではなく、いつ開封するかを基準に分類
例えば、台所用品だと、引っ越した日の夜にすぐ必要なものと、当分開封しなくてもいいものがあります。こういう場合、「台所用品」というカテゴリでひとつの段ボールに梱包するのではなく、「当日開封するもの」「数日以内に開封するもの」「急いで開封する必要のないもの」といった基準で分類しておくと、引越し後の生活がスムーズになります。箱の外側に、中身を書き出しておくとムダなく必要な物がすばやく取り出せるでしょう。

・割れ物にはタオルやTシャツを活用!
食器類やガラス製品などの壊れ物はエアーキャップ(プチプチのシート)や新聞紙などで包むのが原則ですが、これらの緩衝材は引越し後に大量のゴミになってしまいます。こういう時、タオルやTシャツなどで壊れ物を包んでおくとゴミを減らせます。梱包が終わったら段ボール箱をゆすってみて、「ガチャガチャ」といった音が聞こえないか、中身がしっかりと固定されているかを確認しましょう。

豆知識その3・タンス・収納器具編

引き出しやドアのあるタンスや収納器具は、必ず中身を別にして梱包し、移動中に引き出しやドアが開かないようビニールひもやテープで固定しておきましょう。紙のガムテープは粘着剤が家具にこびりついてしまうので、粘着力の弱い梱包用テープなどを使います。

豆知識その4・家電・デジタル家電編

洗濯機や冷蔵庫などの大型家電は電源・配線をはずし、ケーブル類は輪ゴムなどで束ね、じゃまにならないよう本体にテープなどで固定しておきましょう。冷蔵庫は引越しの前日に電源を切り、氷や霜などを溶かしておきましょう。洗濯機は排水ホースの中に若干の水が残っています。しっかりと水抜きを行ってください。

パソコンはあらかじめハードディスクの内容をバックアップしておき、厳重に梱包します。衝撃に非常に弱い機器ですから、エアーキャップで包んだ上から毛布やクッションをあてて段ボール箱に収める、というくらい慎重に荷造りするのがよいでしょう。