首都圏を中心に対応!対象エリアはこちら

【赤帽ならお得に引越し!!】引越し料金の相場と節約術

【赤帽ならお得に引越し‼】引越し料金の相場と節約術

引越し料金ってどのくらいかかるの?

いざ引越しをしようと思っていても業者がたくさんありすぎてわからない、一括見積もりを依頼したけど迷って引越し業者を選べずにいるという方も少なくないと思います。

業者選びを間違えると費用がかかりすぎて損をする、大切な物をぞんざいに扱われるといったリスクがあるので、なかなか決められないという気持ちはわかります。しかし、多くの場合引越しには期限があります。期日までに引越しをしないと仕事や学業、その後の生活に影響を及ぼしかねません。

引越し業者を選ぶ上で大切なのは「相場を把握すること」です。部屋の広さや荷物量によって料金はだいたい決まってきます。相場を知っておけば適切な引越し料金がわかり、業者をスムーズに選ぶことができるようになるのです。料金をぼったくられる、質が悪い業者に当たるといったリスクも低くなるでしょう。

今回は引越し費用の相場や安く引越しをするためのポイントをご紹介します。

一人暮らしの引越し料金の相場は3〜6万円

引越し料金は「時期」「引越し先の距離」「荷物量(部屋の広さ)」といった要素によって決まります。

3~4月は進学や就職、転勤などで多くの人が動くので引越し業界の繁忙期となり、料金が高くなります。また、多くの人は職場や学校が休みの日に引越し作業を行うので、土日は平日よりも料金が高くなる傾向があります。可能であれば3~4月は避け、平日に引越し作業を行いましょう。

引越し先の距離に比例して料金も変わります。こちらはご自身の都合で変えることはできないので、実際に引越し業者の見積もりを比較してみましょう。

料金を大きく左右するのが荷物量です。荷物を運ぶためのトラックの大きさと人件費で引越し料金が決まります。2トントラック1台で2万円~、人件費は1人あたり5千~2万円が相場です。部屋が広ければ広いほど物の量が多くなり、それに伴って料金も高くなります。

一人暮らしで1ルーム~1DK程度であれば2トントラック1台で事足りるでしょう。トラックの料金と人件費を合わせて3~6万円程度が一人暮らしの方の引越し料金の相場となります。

もちろん、前述のとおり時期や引越し先までの距離によっても料金が変わりますので、必ずしも相場通りとはなりませんが、近距離でかつ繁忙期でなければ概ね3~6万円の間におさまるかと思います。

一人暮らしの方であっても広い部屋(1LDK以上)に住んでいる方は相場よりも少し高めに考えておきましょう。

引越し料金を安くする方法

できることなら少しでも引越し料金を安くしたいもの。
ここからは引越しの節約術をご紹介します。

事前に断捨離!必要な荷物だけを持っていく。

物が少なければそれだけ引越し料金も安くなります。
いい機会ですので、事前に家の中の物を整理しましょう。
必要な物だけを引越し先に持っていき、不要なものは処分することで料金を節約することができます。
引越し先でスッキリと新生活を送ることができるようになり、一石二鳥です。

自分で梱包する

自分でできることは自分ですることで、引越し業者の人件費を削減することができます。代表的なのは梱包作業。本、食器、調理器具などの小物はご自身でも梱包することができます。「必要なものを選んだらその場で箱詰めしてしまう」というように、荷物の整理の際に梱包も同時並行で行うことでスムーズに作業ができ、時間の節約にもつながります。

シーズンオフを狙う

先ほどもご説明したとおり3~4月は人が動くため引越し料金も高くなりますので、その時期からずらして引越しを行うのがおすすめ。事前に引っ越すことがわかっているなら閑散期である1~2月に引越しを依頼する、急ぎでなければ少し落ち着いた6月以降に引越すというように、繁忙期を避けることで引越し料金を節約できます。

何社かで見積もりを比較する

引越し業者を選ぶ際には必ず複数社から見積もりを取って比較してみましょう。大まかな相場は先ほどお伝えしましたが、やはり時期や荷物量、距離によって異なります。実際に自分で見積もりを取ってみることで、相場観が見えてきます。

赤帽単身引越しプロなら更にお得に引越し!

一人暮らしの引越しなら、赤帽単身引越しプロにお任せください。料金は相場よりも大幅に安い!!

12,500円~

(曜日・時間帯・引越し先までの距離などによって料金は変わります)。

その理由はシンプルなサービス。他の引越し業者は梱包や清掃サービスを含めているからどうしても料金が高くなりがち。
赤帽単身引越しプロはこうしたサービスを省略することでリーズナブルな料金を実現します。

軽トラック1台、運転手兼作業員1人だから、車両費も人件費も最低限です。軽トラックといっても赤帽車は特殊仕様なので、小さな段ボールなら100箱積載可能。小型冷蔵庫や縦型洗濯機、小型テレビ、ふとんなど、一人暮らしの方のお部屋(20平米以下)の荷物なら、1台で十分運搬できます。荷運びや荷降ろし作業はお客さまに手伝っていただきます。

助手席に乗って引越し先に一緒に移動することも可能なので、交通費の削減にもつながります。(ただし、高速利用時や走行距離、お荷物の量、当日の天候などでお断りすることがございます)

できることは自分でして引越し料金を節約したいという方には、赤帽単身引越しプロがうってつけです。